×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

横須賀線(よこすかせん)とは?

東海道本線とその貨物支線に所属する区間を含めた東京駅から横須賀線に直通する列車を横須賀線(よこすかせん)と呼んでいますが(通称「スカ線」とも呼ばれていますね。)、横須賀線(よこすかせん)とは本来はJR東日本の鉄道路線の神奈川県鎌倉市の大船駅から神奈川県横須賀市の久里浜駅の間の23.9km間を指しているのだそうです。横須賀線(よこすかせん)は東海道線(湘南電車)と共用していた旅客線から横須賀線列車の分離が行なわれ誕生しました。横須賀線(よこすかせん)は東海道本線系統の輸送力を増強させるために作られたそうです。このころの年代は1960年ごろだったそうです。ちょうど経済が発展していっている段階だったからなんでしょうね。

横須賀線武蔵小杉新駅設置でもっと便利に

JR東日本横須賀線の西大井駅から新川崎駅の間に武蔵小杉駅が設置されるのだそうです。開業は2009年を予定しているそうで、また新しい駅の誕生となるわけですね。武蔵小杉駅ができれば、武蔵小杉駅周辺や南武線沿線各地から東京都心や横浜地区への所要時間が大幅に短縮されることになり、通勤や通学、またその他で電車を利用する場合にもたいへん便利になりますね。武蔵小杉駅はJR東日本横須賀線の西大井駅から約6km、新川崎駅から約3kmの、南武線との交差箇所付近に新設されるそうで、南武線武蔵小杉駅と連絡通路によって結ぶそうです。主要駅への所要時間は、だいたい東京駅まで約20分、品川駅まで約13分、横浜駅まで約17分くらいとなるようです。

JR普通列車グリーン車について

横須賀線・総武線・東海道線・湘南新宿ラインの電車、宇都宮線・高崎線に加え2007年3月からは常磐線でも普通列車グリーン車が連結されるようになりました。首都圏JRの普通列車グリーン車はますますネットワークが広がっていますね。またPASMO(パスモ)やSuica(スイカ)でもグリーン券が購入できるようになりたいへん便利になりました。通勤や買い物などのときにグリーン車を使いたい場合でも手軽に利用できてよさそうですよね。グリーン券を購入すれば青春18きっぷでも乗車することができるので旅行者などにとってもよいサービスではないでしょうか?普通列車のグリーン車についての注意なのですが普通列車のグリーン車は、普通のグリーン車とは違い自由席なので、事前にグリーン券を買っても確実に座れることが保証されるわけではないので注意してくださいね。

スポンサードリンク

全国「ユニーク鉄道」徹底ガイド

Copyright © 2007 横須賀線・武蔵小杉駅・JR普通列車グリーン車について